2014年09月11日

老犬と暮らす

最近思った事です。(そんなに大した内容では無いかもしれませんが。。。)

うちには12歳になるシーズーがいます

とーっても大人しくて、お店に連れて来ていて、お客様の背後に座ってても気づかれないぐらい(笑)

もう目も見えなくて、耳も遠くなって来たのでほとんど寝ています

で、最近思ったことというか、反省したこと。

『私、一日に何回、この子に声をかけてあげてるだろうかexclamation&question

他の若い2匹は、吠えたり遊んで!って寄ってくるのでよく名前を呼びます。
でもシーズーは要求も無いし、ぐっすり寝ているからそっとしておこう。。。みたいになっています。

もちろん、ゆっくり休ませてあげることは大切ですが、生活にメリハリや刺激が無さ過ぎて
余計に老け込んでしまうのでは・・・
と思ったわけです。
刺激の少ない生活は、犬も痴呆の原因になるようです。人間と一緒ですね!

なので最近は、反応があまり無くても起きている時は声をかけています
よく観察してると、同じゴロゴロでも本当に寝ている時とうっすら目を開けて起きてる時とあるんですよね〜目

元気で長生きしてもらう為に!(痴呆は犬も飼主も辛いです)
適度に運動や日光浴、健康診断などもしながら、シニアライフを過ごしていきたいなと思った最近でした。
posted by てんちょー at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック